遺産相続手続き代行なら遺産相続専門税理士チームが作った印鑑証明書だけの簡単手続き、新宿総合会計事務所の「ワンパック相続」。相続税申告書作成だけではなく司法書士報酬も含んだ費用設定。金融機関、自動車や公共料金、生損保の名義変更から社会保険までワンパックでご対応。新宿駅から徒歩10分。
お気軽にお問い合わせください。
0120-386-189
平日/9:00~19:00受付
土曜/9:00~17:00受付
公開日:2015年8月13日
最終更新日:2016年7月25日

blog_16_top
小規模企業共済制度(以下「小規模共済」)は、個人事業主等のための退職金共済制度で、掛金を払い込み、事業を廃業したときやお亡くなりになったときに退職金として受取ることができます。節税しながら将来の生活資金確保があわせて可能となる優れものの小規模共済。ご検討の価値ありです。

加入できる方は、不動産業等を営み従業員が20人以下の個人事業主又はその法人の役員です。よって、アパートから家賃収入を得て確定申告をされていらっしゃるような方が加入対象者となります。

払い込む掛金は月額1,000円~70,000円の中から500円刻みで設定でき、払い込み方法も月払い・半年払い・年払いと選択することができます。税制上のメリットを、掛金を支払った時と、将来退職金を受ける時ごとにまとめました。

【1】掛金支払時

その年に支払った掛金の全額が、所得控除としてその年分の所得から差し引けます。この差し引ける金額には、年払によって翌年分を前払したその前払分も含まれます。

【2】受取時

  • 仕事を退職し、又は廃止して一括で受取る場合

退職所得として課税されます。

受取る金額から、勤続年数20年までは1年あたり40万円・勤続年数21年からは1年あたり70万円の控除額があり、それを差し引いた残額の2分の1について所得税等がかかります。

  • 仕事を退職し、又は廃止して分割で受取る場合

公的年金等の雑所得として課税されます。

各年の確定申告において、受取った年金から、年齢に応じた公的年金等控除額が差し引けます。

  • 中途解約した場合

一時所得として課税されます。

確定申告において、受取った解約手当金から50万円を差し引いた残額の2分の1の金額が所得税の課税の対象となります。この計算において、払い込みをした掛金の総額は経費となりません。

  • 契約者が亡くなり、遺族が受取る場合

死亡退職金として、相続税が課税されます。

死亡退職金の合計額から「500万円×法定相続人の数」の非課税額を差し引き、その残額が相続税の課税対象となります。

最後に加入初年度のみしか使えない、掛金の前払制度を使った節税策をご紹介しましょう。申込み加入月からその年11月までは毎月払いで払い込みをし、その年の12月分から年払いに変更します。仮に1月から加入した場合には最大で23か月分が1度に所得税の経費となります。

加入にあたっては手元資金とのバランスも考慮すべきですので、まずは専門家にご相談なさってはいかがでしょうか。■

 

smh_top_1

この記事の著者

ワンパック相続・相続専門チーム
記事一覧

著者一覧