遺産相続手続き代行なら遺産相続専門税理士チームが作った印鑑証明書だけの簡単手続き、新宿総合会計事務所の「ワンパック相続」。相続税申告書作成だけではなく司法書士報酬も含んだ費用設定。金融機関、自動車や公共料金、生損保の名義変更から社会保険までワンパックでご対応。新宿駅から徒歩10分。
お気軽にお問い合わせください。
0120-386-189
平日/9:00~19:00受付
土日/9:00~17:00受付
公開日:2012年11月30日
最終更新日:2016年7月25日

fusegi

今月は所得税の計算における「締め」の月です。

所得税の節税をする場合には、今月中に手立てを打つ必要があるため、年の瀬が近付くと、この無料相談所も所得税の話題が多くなります。

その中でも頻繁に話題に上る、「医療費控除」を今月は採り上げてみましょう。

医療費控除とは?

所得税を計算する際には、収入から差し引くことができる、いろいろな控除があります。

扶養控除や配偶者控除、などが有名ですよね。医療費控除も同じ仲間になります。

他の控除との違いと言えば、一定金額までは切り捨てられてしまう・サラリーマンの年末調整では控除できず申告をしなければならない、と言ったことが挙げられます。ちょっと変わっていますよね。

それ故でしょうか、相談内容にもしばしば登場してきます。

毎週月曜日は無料相談所の日

ある月曜日の午後。いつも元気ハツラツのWさんが、無料相談所にやってきました。

「聞いたよ!伏木さん、ラジオ。いきなり新宿総合会計事務所って言うもんだからびっくりしちゃった。あのCMはパーソナリティーにその場で読んでもらってるんだって?聞取り易くていいと思うよ。反響がすごいんじゃない!?」

電気工事業を営むWさんは、現場に流れていたTBSラジオをたまたま耳にされたようです。

「ええ、おかげさまで、毎週月曜午前にCMが流れますと、午前中はほとんどフリーダイヤルの対応に追われています。嬉しい悲鳴というやつですね。」

「いいことじゃないか!その分、ニーズがあるってことよ。相続の事なんて俺たちには分からない事だらけだからさ、小難しい書類や手続きをまとめて対応してくれるってすごく助かると思うよ。」

「ありがとうございます。このワンパック相続®というサービスも、4年目に突入しました。Wさんにそう仰って頂けると励みになります。さて、今日は会社の話では無いですよね?何かお悩みでも・・・」

税金対策は年内に!

「うん、今日はね、個人の税金について聞こうと思ったんだ。もうすぐ確定申告の時期になるでしょ。毎年さぁ、あれやっておけばよかった、これやっておけばよかった、なんて後悔してるんで、今年こそはしっかり対策しようと思ったのよ。それでどこから始めようかな~と考えて、何も思い付かなかったから伏木さんのとこに来たってわけ!」

無料相談所の常連である、Wさんらしい動機です(笑)。

こんな感じでフラっとお越し頂けると嬉しいですよね。

「Wさんの場合は、給料と大家さんとしての家賃収入ですよね。家賃収入の計算では、12/31までに支出したものが経費となりますので、来年以降に必ず支出する予定のものがあれば、その中から経費に算入できるものもありますよ。」

「あー、そうだよね。例えばどんなもの?」

「修繕費や消耗品が代表的ですね。部屋のクリーニングや各種保守、備品の補充や事務機器など、検証してみると意外とあるかも知れませんよ。」

「壊れかけたエアコンがあるんだけど、年内に買換えておいた方がいいかな?」

「Wさんは青色申告でしたよね。取得価額が30万円未満なら、全額今年の経費になりますよ。是非ご検討下さい。・・・とは言っても、不動産業においては経費ってなかなか無いんですよね。大規模修繕の年にでも当たらなければ、必ずと言っていいほど所得税は発生してしまいます。他に納税者側から能動的に集められる経費として・・・あ!、今年は『医療費』の支出ってございました?」

意外なものも医療費控除で使えます

「医療費?病院とか薬局の領収書だよね。確か10万円よりも多く使ってなきゃダメなんだよね。ざっと考えても、10万円は使ってないな~。」

「10万円も使ってない、それは何よりですね。でもWさん、今の10万円の勘定って、Wさん御自身だけの領収書ですよね?この医療費控除の計算は、同じ財布で生活をしている方であれば、まとめて申告をすることが出来るんですよ。つまりWさんは奥様とお母様とお住まいですので、お二人の通院・入院(差額ベッド代は除く)・医薬品はもちろん、通院の交通費・入院時の付添人の費用なども、Wさんが支払っていれば含めることも出来るんですよ。」

「いろいろあるじゃないの~、伏木さんっ(ニヤ)。お袋の領収書も使えるということは、もしかして介護に関する費用も使えたりして!?」

「さすがWさん、するどいです!細かい要件はございますが、例えば、介護サービス事業者から受ける訪問看護や短期入所などの費用、又、特別養護老人ホーム等に係る一定の金額も含めることが出来るんですよ。」

「え~!そうなの!?全く知らなかったよ。なんか領収書に『医療費控除の対象』って書いてあるのを見た気がしたけど、気にしてなかったんだ。お袋の分は結構な金額になるから、これは助かるぞ~。伏木さん、ありがとう。戻ったら領収書を掻き集めなくちゃ。いつも何かしらおトクな話をしてくれて、本当に申し訳ないね。今日も、来てよかったよ。」

喜び勇んでお帰りになるWさんをお見送りしながら、毎週開く無料相談所も、今年も残りわずかだな・・・と思いました。

今年も相続税を中心に、いろいろな相談をお受け致しました。

来年も多くの皆様と、この相談所でお会い出来ることを楽しみにしております。

どうぞご遠慮なく、西新宿にいらして下さい。来年もどうぞよろしくお願いします。

「Go!den Life」(ゴールデンライフ)2012年12月vol.27より

smh_top_1

この記事の著者

ワンパック相続・相続専門チーム
記事一覧

著者一覧