遺産相続手続き代行なら遺産相続専門税理士チームが作った印鑑証明書だけの簡単手続き、新宿総合会計事務所の「ワンパック相続」。相続税申告書作成だけではなく司法書士報酬も含んだ費用設定。金融機関、自動車や公共料金、生損保の名義変更から社会保険までワンパックでご対応。新宿駅から徒歩10分。
お気軽にお問い合わせください。
0120-386-189
平日/9:00~19:00受付
土曜/9:00~17:00受付
公開日:2014年10月29日
最終更新日:2016年7月25日

blog_23_top
相続において財産を遺す方と受取る方、双方にとって納得のいくものにするために、押さえておきたい大切なキーワードがございます。

それは「節税」「遺産分割」「納税」です。

税金の計算は、税法や各種通達を駆使して税額を算出していきますが、その過程において合法的に財産の評価額を下げられるものがあるのであれば、それらの条文を余すことなく適用していく必要があります。

これが一つ目の「節税」です。

また相続税の優遇税制は、分割協議がまとまることを条件に適用できるものばかりです。

例えば小規模宅地等の減額制度や配偶者についての軽減制度などですが、これらは申告書の景色が一変するほど、その減額金額が大きいため、相続税の申告が必要なケースでは如何に分割協議を申告期限の10ヶ月以内に完了させるかがポイントになります。

そのためには財産形態を分割し易い構成に事前に組み替える必要もあるかも知れません。

これが二つ目の「遺産分割」です。

さて、上記二つをクリアすると、相続対策はもう十分と錯覚しがちですが、実はこの三つ目の「納税」こそが、最も重要なキーワードなのです。

相続税は不動産や未上場株式など換金しにくい財産についても、現金で納税しなければならない特殊な税金です。納税資金を確保するため、生命保険の加入や不動産の売却、または延納や物納の手続きの必要に迫られるケースも多くあります。

相続税がいくら発生するのか、そしてその相続税を手元資金で手当てできるのか等を事前に確認しておくことが、円満な相続を迎える第一歩と言っても過言ではありません。

エルダリープレス―シニアライフ版―「知っておきたい税務・金融豆知識 11月号」より

 

この記事のキーワード

smh_top_1

この記事の著者

ワンパック相続・相続専門チーム
記事一覧

著者一覧