遺産相続手続き代行なら遺産相続専門税理士チームが作った印鑑証明書だけの簡単手続き、新宿総合会計事務所の「ワンパック相続」。相続税申告書作成だけではなく司法書士報酬も含んだ費用設定。金融機関、自動車や公共料金、生損保の名義変更から社会保険までワンパックでご対応。新宿駅から徒歩10分。
お気軽にお問い合わせください。
0120-386-189
平日/9:00~19:00受付
土日/9:00~17:00受付
公開日:2013年3月11日
最終更新日:2016年7月25日

blog_24_top
相続人とはいったい誰のことを指すのでしょうか。
これはとても重要なことなので民法という法律で定められています。
つまり法律で定められた相続人のことを法定相続人といいます。

では、具体的には誰のことを指すのでしょうか。

それは亡くなられた方の家族関係により変化しますが、まずは子供、子供がいない場合は親、親もいない場合は兄弟姉妹となります。

そして、配偶者(妻または夫のこと)は常に相続人となります。

やはり個別の状況により違いは生じるのですが、シンプルに示すとこのような方たちが法定相続人となります。

また、それぞれの関係は戸籍謄本等により証明していくことになります。

そのため、相続手続きの中には出生から死亡までの戸籍謄本の提出が必要となる場合があります。

私どもは、このような戸籍の収集のサポートも行っておりますのでお気軽にご相談ください。

smh_top_1

この記事の著者

ワンパック相続・相続専門チーム
記事一覧

著者一覧