遺産相続手続き代行なら遺産相続専門税理士チームが作った印鑑証明書だけの簡単手続き、新宿総合会計事務所の「ワンパック相続」。相続税申告書作成だけではなく司法書士報酬も含んだ費用設定。金融機関、自動車や公共料金、生損保の名義変更から社会保険までワンパックでご対応。新宿駅から徒歩10分。
お気軽にお問い合わせください。
0120-386-189
平日/9:00~19:00受付
土日/9:00~17:00受付
公開日:2013年1月30日
最終更新日:2016年7月25日

fusegi

争続を防ぐためにも作成される遺言書。

遺言書が無かったにも関わらず、円満に話合いをした御兄妹と出会いました。

法律や税法よりも、家族の絆は強い・・・というお話です。

「あ、伏木さんですか。初めまして。父がゴールデンライフを毎月読んでいました。こちらで法律や税務の相談を受けて下さるそうで、よろしいでしょうか。」

「初めまして。ようこそいらっしゃいました。どうぞお座り下さい。」

今月ご紹介する御相談者は40歳代でしょうか、お兄様と妹様の御兄妹です。

お母様は数年前に他界され、妹様は嫁いだため、お父様とお兄様の2人暮らしでしたが、このたびお父様がお亡くなりになり、相続税の申告や、弊所の『ワンパック相続®』についての御相談にいらっしゃいました。

「お父様の財産はご自宅と預金ですね。この遺産額でしたら土地についての優遇税制が適用できますので、申告をすることによって税額を0円にすることができます。」

相続人じゃない!

「そうですか!あ~よかった。それではこちらの『ワンパック相続®』でお願いします。印鑑証明書だけ持ってくればいいんですよね?遺産の分け方はもう妹と決まっているし、面倒な手続きは全てお任せできるんで、よ~し、これで相続の問題からは解放されたな~」

「ご依頼頂きましてありがとうございます。さっそく動きますね。」

申告作業は、戸籍の収集から始まります。

相続税を計算する上で、法定相続人の確定は非常に重要だからです。

お父様の出生時からお亡くなりになった時までの戸籍を集め、法定相続人が2人であることを確認・・・!!・・・あれ!?・・。

目を疑いました。

「お兄様が相続人じゃない!相続人は妹様だけだ!」

戸籍を調べたところ、お母様は再婚されており、お兄様は以前の御主人との間に生まれた子でした。

その御主人はお兄様が乳児のころに、お亡くなりになっていました。

戸籍が何だっていうの?

「異父兄妹、になるのですか・・・。」

事実をお伝えするために、再度お二方をお呼びしました。

「はい、そうなります・・・。そしてお父様の相続について、相続人は妹様お一人になります。遺言書があればお兄様も財産を取得することができましたが、ありませんので、財産は全て妹様が取得されることになります。」

お二人ともショックを隠せません。

「さらに申し上げづらいのですが、土地に関する優遇税制が適用できなくなりますので、相続税が発生してきます。」

覚悟を決め、一気にお伝えしました。

「伏木さん!ちょっと待ってよ!遺言書が無いばかりに、なんだか踏んだり蹴ったりじゃないかっ。俺はこの家にずっと住んできたんだぞ。この家お前に取られちまうのか?そうなったらお前とはもう一緒にいられんぞ!・・・何で親父は・・・こんなことにならないよう、遺言書を書いてくれなかったんだよ。」

重い沈黙がこの部屋を支配しようとするなか、妹様が話し始めました。

「兄さんちょっと落ち着いてよ。戸籍の結果が何だって言うの?私は兄さんと決めていた通りに父さんの財産を分けるつもりよ。」

「・・・。」

「ねえ、兄さん。私、父さんの気持ちも何だか分かるような気がするわ。私たちは今もそうだけど、子供の頃から2人すっごく仲がいいでしょ?それを見てた父さんは、ずっと打ち明けるべきかどうか、悩んでたんじゃないかな・・・。」

「・・・。」

「話すことによって、2人の関係がぎくしゃくしないか・・・。この幸せを壊さないためにも、その時が来るまでは黙っておこう・・・。」

「・・・。」

「すべてが明らかになったけど、戸籍上の記録がなんだってのよ。わたしたち、みんな、家族でしょ。今までと何にも変わらないよ。」

「・・・。」

育ての親への感謝、家族で過ごした幸せな時間、兄妹の固い繋がり。

残されたご自宅の名義は妹様ですが、引き続きお兄様が居住され、いずれ贈与や売買の機会をうかがうことになりました。

今月のケースは非常にまれな家族関係でしたが、この御兄妹でなければ、遺言書が無いために相続人が財産の奪い合いをすることになったかも知れません。

改めて、遺言書やエンディングノートによりご自身の遺志を遺す大切さを感じた案件でした。

「Go!den Life」(ゴールデンライフ)2013年2月vol.29より

smh_top_1

この記事の著者

ワンパック相続・相続専門チーム
記事一覧

著者一覧