遺産相続手続き代行なら遺産相続専門税理士チームが作った印鑑証明書だけの簡単手続き、新宿総合会計事務所の「ワンパック相続」。相続税申告書作成だけではなく司法書士報酬も含んだ費用設定。金融機関、自動車や公共料金、生損保の名義変更から社会保険までワンパックでご対応。新宿駅から徒歩10分。
お気軽にお問い合わせください。
0120-386-189
平日/9:00~19:00受付
土曜/9:00~17:00受付
公開日:2015年6月29日
最終更新日:2016年7月25日

blog_24_top
被相続人の財産の維持や増加に貢献した場合に遺産分割で考慮される「寄与分」。

親の介護をした相続人に寄与分が認められるかどうかが、しばしば問題となります。

実際にあったご相談を基に、どんな場合にこの寄与分が適用されるかを見てみましょう。

【ご相談内容】

相続人は、ご相談者とその妹さんの2人。

3年ほど前にお母様を亡くしてから、実家でお父様と2人暮らし。

ご相談者は仕事を変え、病気がちのお父様の身の回りの世話、そして介護に多くの時間を費やした。

お父様の分割協議にあたって、2人の取得割合はちょうど各1/2にはならずにご相談者の取得割合の方が多くはなるが、

「実家の土地建物はご相談者・預金は妹さん」ですんなり話が付くと思っていたところ、妹さんは「父の財産は各1/2の割合で均等に分けるべき」と主張。

ほぼ毎日、父の身の回りの世話をし、病院や施設への送り迎えをしてきたご相談者にとっては、その負担したコストや時間を寄与分と認めて欲しいと思っている。

【お答え】

寄与分の主張には、相続財産について、『特別な寄与』があったと認められることが大切であり、お父様の面倒を見て送り迎えをしていたという程度では『特別な寄与』にあたらず、

ご相談者の主張が認められることは難しいかも知れません。

寄与分は、相続人の貢献によって財産が増えた、又は余計な支出が減ったという数字の裏付けが必要とされます。

来月はその具体的行為についてご紹介致します。

 

エルダリープレス―シニアライフ版―「知っておきたい税務・金融豆知識2015年8月号」より

この記事のキーワード

smh_top_1

この記事の著者

ワンパック相続・相続専門チーム
記事一覧

著者一覧